公演情報 Concert Information

ジャズ

Jazz Bar
MAX170bpm!!!
直球真っ向勝負の本田バンドライヴ!

4月23日(日)開演17:00(開場16:00)

正調本田バンドで魅惑のフュージョンサウンドを堪能あれ

  • 出演
    本田雅人(Sax)、梶原順(G)、則竹裕之(Dr)、
    新澤健一郎(Key)ほか
  • 会場
    新百合21ホール
  • チケット料金
    全席指定
    テーブル席(1ドリンク付き) 4,500円
    階段席(飲食不可) 3,500円
    ※未就学児入場不可

公演の見どころ聴きどころ

アルテリッカしんゆりでは毎年のように出演をしている本田雅人。今まで様々な企画の公演を行ってきたが、今年は正調本田バンドでのフュージョンサウンドをお楽しみください。

出演者プロフィール

本田雅人( producer / composer / playing : saxophone,flute,EWI,and son on )
音楽教員の両親の影響で小3でサックスを始める。国立音大時代にはニュータイドジャズオーケストラに所属、山野ビックバンドジャズコンテストにて優勝、最優秀ソリスト賞を受賞。在学中から「原信夫とシャープス&フラッツ」のリードアルト奏者を務め、卒業後はトップアーティストのレコーディングやツアーサポート等ジャンルを超えて多数参加。’91年フュージョングループ「T-SQUARE」加入。フロントを飾ると共に、作曲、アレンジ面でも新風を巻き起こす。1998年T-SQUARE退団、ソロアーティストとして活動開始。自己の「本田バンド」以外にも自身のビッグバンド「B.B.Station」や「Witness」「Four of a Kind」「Voice Of Elements」等のプロジェクト、佐山雅弘や鳥山雄司等とのデュオ、本田一人のワンマンライブ、マリーンとのコラボアルバムではビッグバンドアレンジからプロデュースまで担当するなど、その活動形態は多岐に渡っている。
海外アーティストとの共演もボブ・ジェームス、デヴィッド・サンボーン、マーカス・ミラー、ハーヴィー・メイソン、レイ・パーカーJr、パット・メセニー等、多数。 2015年6月には10枚目のオリジナルアルバム「Saxes Street」をリリース。 昭和音楽大学客員教授、国立音楽大学講師を努めるなど、後進の指導にも熱心に取り組んでいる。
梶原順(Gt)
1961年8月25日生まれ。幼少の頃よりピアノを弾き、中学2年の時にガットギターを手にする。
その後、キャロル、ベンチャーズなどといったアーティストに興味を持つことを皮切りにエレキギターを弾く毎日が続いた。
ロックに始まり、徐々に様々な音楽を体験するにつれ、そのギタースタイルも多種多様化していく。
プロミュージシャンを目指し1979年に上京、Jazz Schoolに通う。
1981年、プロとしてのキャリアをスタート。その後、マリーン、山本達彦、角松敏生、といったライヴをサポートする傍ら、 本田雅人 (Saxophone)、石川雅春 (Drums) らとWITNESSを結成、アルバム『WITNESS』をリリース。
1990年以降、特にスタジオミュージシャンとしての活動は多忙を極め、参加した楽曲数は計り知れない。平行して数々のセッションライヴ、ツアーサポート、“渡辺貞夫グループ”などにも参加。また、自身の音楽を求め、J&B、JとB、Bluer、SOURCEといったバンド活動も行い、それぞれアルバムをリリース。
現在はスタジオワーク、セッションライヴに加え、本田雅人、角松敏生のバンドメンバー、SOURCE、J&K、ギターと三線とによるユニットcoco→musikaとしても活動中。そして、自身のソロ活動も精力的に実施し、3枚のソロ·アルバムを発表。また昭和音楽大学講師として後輩の育成、教則本『1年後、目指すギタリストになれる練習法』(リットーミュージック)の出版など、その動きは留まるところを知らない。
ジャンルを選ばず、プロ活動30年を超える国内屈指のギタリストの一人。
則竹裕之(Dr)
85年「THE SQUARE」に加入しプロデビュー。米国「PLAYBOY JAZZ FESTIVAL」への出演、10 回に及ぶ日本ゴールドディスク大賞(JAZZ部門)受賞など、在籍15年に及ぶその活動は国内外に 広く評価された。99年ソロアルバム「DREAMS CAN GO !」を発表。同グループ退団後は、「渡辺 貞夫クインテット」、「渡辺香津美Jazz回帰Project」、「本田雅人Band」、「UNIT ASIA」、「BATTLE JAZZ BIG BAND」、「DIMENSION」等のレギュラーメンバーとして日本のジャズ・フュージョン界を牽引する傍ら、2010年より平原綾香のサポートを開始。また、「シエナ・ウインド・オーケストラ」との度 重なる共演などジャンルを問わぬ色彩豊かなドラミングに各方面から絶大な信頼が寄せられてい る。神保彰とのツインドラムユニット「Synchronized DNA」でモントリオール・ドラム・フェスティバル に出演。前例のないドラムのみのユニットとして世界の注目を集めている。また、ドラムクリニックや 昭和音楽大学ジャズ・ポップス科講師を通じて、後進の指導にも意欲的に取り組んでいる。
OFFICIAL WEB SITE : http://www.dreamscango.com/
新澤健一郎(Piano&Keyboards)
1968年4月3日東京生まれ。ジャズ・ミュージシャンとして渡辺香津美(g)など多くの音楽家と共演。「イチョウ五重奏団」「Nervio(ネルビオ)」のリーダー。フジテレビ「クリス・ハート×SMAP」、NHKピタゴラスイッチ「めかぬか」「きょうのスレスレ」での演奏やNHKドラマ「本棚食堂」の作曲、PRISM、田村ゆかり(声優)、ブラジル音楽など幅広い分野を手がける。昭和音楽大学非常勤講師。
  • 本田雅人イメージ本田雅人
  • 梶原順イメージ梶原順
  • 則竹裕之イメージ則竹裕之
  • 新澤健一郎イメージ新澤健一郎