公演情報 Concert Information

演劇

劇団民藝
「アンネの日記 プロローグとエピローグのある二幕」

4月29日(土・祝)・4月30日(日)・5月1 日(月)
開演14:00 (開場13:30)

澄み切った少女の瞳が見つめた希望のひかり

13歳という多感な年ごろにナチスから逃れ、かくれ家に移り住んだユダヤ人の少女アンネ・フランク。日記が遺したメッセージは、いまも私たちの心を強く揺さぶります。民藝の財産演目として1956年の日本初演から上演回数は1700回を超え、芸術選奨文部大臣賞をはじめ数々の栄誉に輝いています。今回のアンネ役には、2012年、本作でオーディションで選ばれ、初々しいデビューを飾った地元川崎の八木橋里紗が再び挑戦します。

  • 出演
    千葉茂則、白石珠江、八木橋里紗、本廣真吾 ほか
  • 原作
    アンネ・フランク
  • 脚色
    フランセス・グッドリッチ、アルバート・ハケット 
  • 訳・演出
    丹野郁弓
  • 会場
    川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
  • チケット料金
    全席指定
    一般 4,000円 学生 2,000円
    ※未就学児入場不可

公演の見どころ聴きどころ

「世界中の若い人たちにこの舞台を見てほしい」。アンネの父親オットー・フランクさんから託された願いどおり日本語版『アンネの日記』は全世界で最多上演を記録しています。日本初演から60年、アルテリオ小劇場での今回の公演では、小空間が生み出す緊密な空間でアンネ・フランクの隠れ家での様子を微細に描きます。思春期の少女を取り巻くの心と体の成長や、親への反発と愛情、そして何より平和を希求するこころ。観劇体験が社会や家族への関心を想像以上の広げます。是非親子で劇場へお出かけください。

  • 劇団民藝公演『アンネの日記 プロローグとエピローグのある二幕』イメージ1
  • 劇団民藝公演『アンネの日記 プロローグとエピローグのある二幕』イメージ2