2020年公演情報 Concert Information

お子さま向け

ダリル・ビートン「四角い世界」

5月10日(日)開演12:00/開演15:00 ※開場は各回10分前

見方を変えれば、世界も変わる!

インクルーシブアーツとは「全ての人が鑑賞可能な芸術」という意味です。
イギリスからやってきた車椅子のアーティスト、ダリル・ビートンの『四角い世界』は、奇妙で不思議な世界でありながら、客席の子どもたちに、お互いの違いを受け入れて、乗り越えていくことの楽しさや、大切さを伝えてくれます。オリジナルの音楽に、言葉のないノンバーバルなストーリー、シャープで洗練された舞台美術とオブジェクト。考え方が変われば、世界が変わることの可能性を私たちに届けてくれます。

comingsoon

  • 出演・演出
    ダリル・ビートン
  • デザイナー
    ジョナサン・ヴァン・ビーク
  • ドラマトゥルグ
    ヴィッキー・アイルランド
  • 会場
    川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
  • チケット料金
    全席自由
    大人:2,700円
    子ども:1,000円
    大人・子どもペア:3,200円
    ※推奨年齢:3歳以上
    ※2歳以下は大人1名につきひざ上1名無料

あらすじ

いつも一緒で、毎日同じことをやって過ごす3人の友だち。でもある日突然の変化が3人を“できる子”と“できない子”に分けてしまう。それでも一緒に遊び続けるために、3人はあの手この手を考え、自分たちが生きる四角い世界を変えていく…。オリジナルサウンドトラックと、シンプルなデザイン、言葉を使わない表現で、観客の想像力をどこまでも広げていく作品です。

公演の見どころ聴きどころ

世界的に注目されているインクルーシブアーツ。インクルーシブとは「包み込む」という意味で、世界的にはすべての人が鑑賞可能な芸術をインクルーシブアーツと言います。すべての人とはつまり障がいの有無、様々なセクシャリティ、文化、人種など分け隔てることがないということです。この作品もインクルーシブアーツとして世界各国で上演されています。

尚、本作品は5月14日から24日まで東京を中心に開催される<2020国際子どもと舞台芸術・未来フェスティバル/第20回アシテジ世界大会>に招待作品として招聘されました。この国内ツアーの一環として川崎・しんゆり芸術祭2020で上演することとなりました。

ダリル・ビートンは、ロンドンオリンピック・パラリンピックでもパフォーマンスをしたイギリスを代表するアーティストです。また、世界のアシテジ(国際児童青少年舞台芸術協会)では、IIAN(国際包括芸術ネットワーク。インクルーシブに取り組むグループ)の中心人物であり、すべての差異を乗り越えて、すべての子どもたちにアートを届ける仕事を続けている。この作品は彼のライフワークと呼べる代表作です。

アシテジ未来フェス2020 https://www.2020.assitej-japan.jp/

  • ダリル・ビートン「四角い世界」イメージ©Alisa Boanta
  • ダリル・ビートン「四角い世界」イメージ©Alisa Boanta
  • ダリル・ビートン「四角い世界」イメージ©Alisa Boanta
  • ダリル・ビートン「四角い世界」イメージ©Alisa Boanta