2021年公演情報Concert Information

ジャズ

国府弘子スペシャルトリオ~ Piano Party 2021
ゲスト露崎春女 & 早稲田桜子

5月1日(土)開演17:00(開場16:15)

国府弘子&フレンズ「ピアノ・パーティ」ライブ!!

ソロ公演からオーケストラ、歌手との共演依頼も絶えない “ピアノ界のスーパーレディ” 国府弘子。今こそ必要な「音楽の歓び」を届けるのは、国府弘子スペシャルトリオ(八尋洋一bass、岩瀬立飛drums)、国府と同じく多摩区育ちのボーカリスト露崎春女(vocal)、そして昭和音楽大学でも教鞭をとる早稲田桜子(violin)。「歓びの日にも涙の日にも万感の音楽を」をコンセプトに制作された新作CD「ピアノ・パーティ」の参加メンバーで、アルテリッカしんゆりに勇気と幸せを運びます。

  • 出演
    国府弘子スペシャルトリオ
     国府弘子 piano
     八尋洋一 bass
     岩瀬立飛 drums
    露崎春女(Guest) vocal
    早稲田桜子(Guest) violin
  • 会場
    麻生市民館 大ホール
  • チケット料金

    全席指定
    S席 4,500円
    A席 3,500円
    U25席 2,000円

    ※未就学児の入場不可
    ※U25席=25歳以下または学生(要会場にて身分証提示)

  • 曲目
    「ブギウギ・ウエディング」(メンデルスゾーン「結婚行進曲」)
    「ドリーム・オブ・ラブ」(リスト「愛の夢」)
    「アディオス・ノニーノ」(A ・ピアソラ)
    「リボーン」(国府弘子)
    「め組の人」   ほか

公演の見どころ聴きどころ

国府弘子の音楽は、ジャズ、クラシック、ロックといったジャンルを包括、それらを「HAPPY」というキーワードで繋ぎます。2020年2月発売新作アルバム「ピアノ・パーティ」収録曲を中心に、結成23年目の鉄壁のトリオサウンド、そして川崎にご縁の深いゲスト二人と共に「万感の音楽」をコンセプトに展開するステージ。メロディメイカー国府弘子の作曲作品とともに、リストやメンデルスゾーン、ピアソラの名曲、そして「め組の人」なども国府のアレンジで感動をあらたに!

出演者プロフィール

国府弘子(こくぶ ひろこ) ピアニスト、作・編曲家
国立音楽大学ピアノ科卒業後単身渡米、帰国後1987年デビュー、現在まで24枚のアルバムを国内外で発表。自己のトリオやソロピアノでの演奏会、オーケストラとの競演まで幅広い活動で、全国的な人気を集めるピアノ界のスーパーレディ。常に様々なチャレンジに挑み、音楽の喜びと躍動、そして安らぎにあふれるピアノの魅力で人々の心を捉えている。現在、川崎市市民文化大使、埼玉入間市文化創造施設のアドバイザー、平成音楽大学、尚美学園大学客員教授。
音色の贅を極めたソロアルバム「ピアノ一丁!」に続き、岩崎宏美×国府弘子のデュオ作品「ピアノ・ソングス」が好評。
2020年2月に24枚目のアルバム「ピアノ・パーティ」をリリース。
2019年秋に川崎市文化賞を受賞。
露崎春女(つゆざき はるみ) シンガーソングライター
1995年メジャーデビュー。日本におけるR&Bシーンの先駆者として確固たるファンを獲得。2001年、アーティスト名義をLyricoとし、より叙情的で繊細な世界へと昇華させJ-POPシーンに新たな地位を確立。2008年、再びアーティスト名義を露崎春女とし、現在シングル19枚、アルバム15枚を発表している。2020年、ミュージカル「フランケンシュタイン」にエレン/エヴァ役として初出演し、新たな境地へ挑戦。自身のライブ活動の他、詞曲提供やレコーディング参加など活躍の場を広げている。洗足学園音楽大学 ロック&ポップスコース講師。
露崎春女HP:http://www.harumitsuyuzaki.com/
早稲田桜子(わせだ さくらこ) ヴァイオリニスト
4歳よりヴァイオリンを始め、12歳より国内外で様々な演奏活動を行う。東京芸術大学在学中、度々渡仏しフランス音楽を学び、卒業後はジャンルを超えた音楽を求め米国バークリー音楽院に留学。2002年から2年半パリに暮らし、生涯の師となるイヴリー・ギトリス氏に出会い、以後親交を深める。2006年より(財)地域創造・公共ホール音楽活性化事業登録アーティストとして全国各地でレクチャー、コンサートを行う。音楽活動を続けるなか自らの体験を通して、身体、心理面へも興味を持ち、2008年鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。音楽家と治療家の両立を目指し奮闘中。渾身のバッハ無伴奏が特筆されるべき演奏で、数々の演奏会を通して理解力・表現力を高めている。昭和音楽大学講師。
岩瀬立飛(いわせ たっぴ) ドラム、パーカッション、作曲家
4歳よりピアノをはじめ、14歳でドラムスに転向。
1988年渡米しピーター・アースキンに師事。GROOVE SCHOOL OF MUSICで作編曲も学ぶ。帰国後、コナミの専属となり数多くの楽曲&CM制作に携わる。多数のミュージシャンのステージやレコーディングに参加。佐藤允彦、松岡直也、前田憲男などベテラン勢のバンドにも加入。エリックミヤシロEMビッグバンドのドラマーとして海外の一流プレイヤーとも数多く共演。日本では未だ数少ない「モーラー」「ストーンキラー」「フリーグリップ」などの脱力系奏法を体得している。国府弘子とは1999年から国内外のほとんどのステージを共にする。最近の活動としてジャズからオーケストラまで扱える作編曲家、ドラマーの配役である俳優の為の演奏指導、哲学者土屋賢二や藤本隆文(東京藝術大学准教授)との活動や後進の指導やワークショップなど多岐に渡る。
彼自身の活動するバンド「宴」でのアルバムリリース、教則DVD「フィル・インの常套句」ドラムマガジンフェスティバルCD West Rock Woods 「JAMZZ#3」等、好評を博している。
洗足音楽大学講師。
岩瀬立飛Twitter:https://twitter.com/tappiiwase
八尋洋一(やひろよういち) ベース
10代をスペイン・カナリア諸島で過ごし、ラテン音楽に精通する。帰国後様々なバンドでライブ活動を展開。国府弘子バンドには1991年参加、以来、国府サウンドの要となっている。「スピック・アンド・スパン」「日野皓正エレクトリック・バンド」「大貫妙子」「中本マリ」「遠藤律子」他、参加バンドは多数。ブラジリアン、ラテン、ロック、ジャズ、フュージョンと幅広い分野のクリエイティブな演奏で人気を博している。身体ごとグルーブするプレイは聴衆を魅了する。

関連URL

国府弘子HP:http://kokubuhiroko.net
フェイスブック 国府弘子ファンページあります。いいね!お待ちしております。
■国府弘子によるブログ日記「ひろこダイヤリー」
http://blog.livedoor.jp/hiroko_kokubu/
■国府弘子の情報をtwitterにて配信中。
http://twitter.com/ph_hirokokokubu

  • 国府弘子イメージ国府弘子 piano
  • 八尋洋一イメージ八尋洋一 bass
  • 岩瀬立飛イメージ岩瀬立飛 drums
  • 露崎春女イメージ露崎春女 vocal
  • 早稲田桜子イメージ早稲田桜子 violin