2021年公演情報 Concert Information

演芸

アルテリッカ演芸座
桂宮治 真打昇進披露落語会

5月3日(月・祝)13:00 開演(12:30開場)

落語芸術協会29年ぶりの抜擢真打「桂宮治」

ここ数年、若手落語家が飛躍を遂げ、「落語」が若い人達にも注目をされており、その中でも、人気を集める落語芸術協会二つ目(真打前)のユニット「成金」の人気者「桂宮治」真打昇進披露。
演芸評論家にも、もっと早くに真打に抜擢されてもいい逸材と評価されている。
落語芸術協会29年ぶりの抜擢真打昇進を遂げ、早くも令和の爆笑王と言われる「桂宮治」が満を持して、アルテリッカ演芸座に登場!

coming soon

  • 出演
    桂宮治
    春風亭昇太(特別ゲスト)
    桂米多朗
    丸一小助小時(太神楽曲芸)
    立川幸吾(前座)・桂南太郎(前座)
  • 会場
    新百合トウェンティワンホール
  • チケット料金
    全席指定
    3,000円

    ※未就学児の入場不可

公演の見どころ聴きどころ

落語芸術協会、二つ目(真打前)の、ユニット「成金」人気メンバー(神田白山・柳亭小痴楽等)が、続々と真打に昇進をして注目を浴びている中心人物の一人「桂宮治」真打昇進落語会。
落語芸術協会29年ぶり、春風亭昇太会長以来の抜擢真打となり、人気実力も更にパワーアップした爆笑高座、今が旬の「宮治ワールド」を、是非アルテリッカ演芸座の高座でお楽しみ下さい。そして真打昇進披露口上の後見として、落語芸術協会「春風亭昇太」会長と、演芸座世話人「桂米多朗」が賑々しく務めます。

出演者プロフィール

桂宮治(かつら みやじ)
昭和51年10月7日 東京都品川区出身
平成20年1月 桂伸治門下入門
平成24年3月 二ツ目昇進
平成24年 NHK新人演芸大賞 落語部門 大賞受賞
その後 にっかん飛切落語会「最優秀賞」(二年連続受賞)
北とぴあ若手落語家競演会「北とぴあ奨励賞」 高円寺エトアール寄席二ツ目グランプリ「優勝」
前橋若手落語家選手権「優勝」 国立演芸場花形演芸大賞「銀賞」、他数々の受賞
NHKラジオ第一「日曜バラエティー」 NHK「演芸図鑑」
BS日テレ「笑点特大号・若手大喜利」 日本テレビ「笑点」
日テレプラス「らくらくゴーゴー!」  フジテレビ「噺家が闇夜にコソコソ」
フジテレビ「東京落語歩き」 文化放送「落語家が、何か面白いこと言っているよ」
文化放送「くにまるジャパン極」 フジテレビ「語楽-GORAKU-」
趣味:適度な飲酒・子育て・家族と戸越銀座を散歩
桂宮治HP:http://katuramiyaji.com/


春風亭昇太(しゅんぷうてい  しょうた)
昭和34年12月9日 静岡県静岡市清水区出身
昭和53年 東海大学 文学部入学
昭和57年 春風亭柳昇に入門、前座名 昇八(しょうはち)
昭和61年 二ツ目昇進「春風亭昇太」となる
平成4年 真打昇進
平成元年 NHK新人演芸コンクール優秀賞受賞
平成2年 にっかん飛切落語会特別賞受賞
平成10年 浅草芸能大賞新人賞受賞
平成10年 花形演芸大賞金賞受賞
平成11年 国立演芸場主催 花形演芸大賞金賞受賞
平成12年 花形演芸大賞受賞
平成12年度 第55回文化庁芸術祭(演芸部門)大賞受賞、等数多く受賞
落語の創作活動に加え、役者としても活躍し、音楽のライブなど、ジャンルを越えて幅広く活躍中
日本テレビ「笑点」大喜利司会(毎週日曜日) ニッポン放送「ラジオビバリー昼ズ」(毎週水曜日)
NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」今川義元
2016年:NHK「紅白歌合戦」審査員
趣味:城郭見学、浮世絵、旅行
現在:(社)落語芸術協会会長
春風亭昇太HP:http://shunputeishota.com/


桂米多朗(かつら よねたろう)
昭和41年4月23日生れ 東京都大田区出身 多摩区菅稲田堤在住
昭和61年:東八郎「笑塾」第1期生入塾
東八郎劇団員として本多劇場・新宿コマ劇場 等出演
昭和63年:桂米助(ヨネスケ)入門 前座名・桂でっどぼうる
平成14年:真打昇進「桂米多朗」改名
NHKBS「お好み寄席」レギュラー等 テレビ・ラジオ・舞台等出演
中野島中学校元PTA会長、かわさき産業親善大使、多摩区観光大使
しんゆり芸術祭演芸座座長、ラゾーナ寄席・しんゆり寄席世話人
桂米多朗HP:https://katsurayonetarou.amebaownd.com/


丸一小助・小時(まるいち こすけ・ことき)
写真右・春本小助(はるもと こすけ)
平成4年1月21日生 福井県勝山市出身 趣味・テレビゲームと徘徊

写真左・鏡味小時(かがみ ことき) 
昭和61年8月13日生 北海道旭川市出身 趣味・猫と徘徊
両名共に、平成25年3月 第6期国立太神楽養成所終了後
(公社)落語芸術協会 1年間の前座修行後、2人組となり正式所属
現在、都内の寄席出演、全国各地での寄席・イベントに出演中
若手の太神楽(だいかぐら)曲芸師として活躍中
  • 桂宮治 イメージ桂宮治
  • 春風亭昇太 イメージ春風亭昇太(特別ゲスト)
  • 桂米多朗 イメージ桂米多朗
  • 丸一小助小時 イメージ丸一小助小時(太神楽曲芸)
  • 立川幸吾 イメージ立川幸吾(前座)
  • 桂南太郎 イメージ桂南太郎(前座)