公演情報 Concert Information

クラシック

 

ポピュラー

昭和音楽大学アートマネジメントコース企画制作演習企画公演 Vol.1
音彩ねいろ~マリンバが魅せる無限大の可能性~

5月2日(木・休)開演18:00(開場17:30)

多彩な顔を持つマリンバの音色をお届けします。

昭和音楽大学アートマネジメントコースの学生が、一から造り上げる、2019年度自主企画公演第1弾は、マリンバに焦点を当てたコンサートをお送りします。
マリンバは、木で出来た鍵盤を叩いて音を出す木琴の一種です。
低音の深い響き、高音の輝くような音色が特徴であるこの楽器は、音楽や演奏者の動きと共に、様々な表情を見せてくれます。
開発されて100年。新しい楽器「マリンバ」の可能性を感じられるコンサート。
日本を代表する打楽器奏者である西久保友広と、昭和音楽大学にゆかりのあるアーティストたちの豪華共演をお楽しみください。

音彩~マリンバが魅せる無限大の可能性~ チラシ

  • 出演
    西久保友広(マリンバ)
    星出朱音(打楽器)
    中野志保(打楽器)
    曲山妃奈乃(打楽器)

    ゲスト出演
    福本信太郎(アルト・サクソフォーン)
    外囿祥一郎(ユーフォニアム)
  • 会場
    昭和音楽大学 ユリホール
  • チケット料金
    全席自由
    一般2,000円/ゆりフレンズ1,800円/学生1,000円
    ※未就学児童入場不可
  • 曲目
    岡野貞一:ふるさと
    湯山昭:マリンバとアルト・サクソフォーンのためのディヴェルティメント
    喜納昌吉:花
    三木稔:マリンバ・スピリチュアル
    ほか

公演の見どころ聴きどころ

西久保友広による魅力的なマリンバの音色はもちろん、視覚でもお楽しみいただけるコンサートです。
また、昭和音楽大学准教授であるアルト・サクソフォーンの福本信太郎、昭和音楽大学客員教授であるユーフォニアムの外囿祥一郎をゲストに迎え、マリンバと管楽器のデュオを取り入れ、マリンバ・ファンの方以外でもお楽しみいただける曲目となっております。

出演者プロフィール

西久保友広(マリンバ)
東京音楽大学を経て、東京音楽大学大学院修士課程修了。2005年第10回KOBE国際学生音楽コンクールにおいて最優秀賞及び兵庫県教育委員会賞受賞。第10回JILA音楽コンクール打楽器部門において第1位受賞。第10回松方ホール音楽賞大賞受賞。現在読売日本交響楽団打楽器奏者。東邦音楽大学、玉川大学、昭和音楽大学、東京音楽大学、尚美ミュージックカレッジ専門学校コンセルヴァトワールディプロマ科にて後進の指導にあたる。
福本信太郎(アルト・サクソフォーン)
川崎市麻生区出身。昭和音楽大学を優等賞を受賞し卒業。同専攻科に進み、学長賞を得て修了。1990年日本管打楽器コンクールに最年少参加で入選。96年、99年同コンクールでは第2位に連続入賞。サクソフォーン奏者として、東京佼成ウインド・オーケストラ、シエナ・ウィンド・オーケストラ、NHK交響楽団、東京都交響楽団をはじめとする多くの在京オーケストラの公演、録音に参加。近年は指揮者としての活動も盛んに行っている。昭和音楽大学准教授。
外囿祥一郎(ユーフォニアム)
1994年東京コンセルヴァトアール尚美ディプロマコース修了。ユーフォニアムを三浦徹、露木薫、S.ミードの各氏に師事。1992年第9回日本管打楽器コンクール第1位および大賞受賞、97年P.ジョーンズ・ブラス・コンクール(フランス)ユーフォニアム部門優勝。これまでにN響、東響、東京佼成ウインド、大阪フィル、九響、札響、名フィル等と共演。また航空自衛隊航空中央音楽隊在籍中は数多くの公演でソリストを務める。2013年3月に航空自衛隊を退職。東京音楽大学教授、エリザベト音楽大学、昭和音楽大学各客員教授および相愛大学音楽学部特別講師。ビュッフェ・クランポン・ジャパン専属講師。
星出朱音(打楽器)
山口県出身。昭和音楽大学卒業。13歳から打楽器を始める。2015年、W.テーリヒェン作曲《ティンパニ協奏曲》をオーケストラと共演。2016年より、テアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラに所属。現在、オーケストラや吹奏楽のエキストラ奏者を中心に演奏活動を行なっている。また、関東を中心に小・中・高校生への打楽器指導にもあたっている。打楽器を小川裕雅、石内聡明、菅原淳の各氏に師事。
中野志保(打楽器)
静岡県浜松市出身。昭和音楽大学音楽学部器楽学科卒業。第33回日本打楽器協会新人演奏会、2017年安倍圭子国際マリンバアカデミープレミアムコンサート、第22回静岡の名手オーディション合格者によるコンサート等に出演。これまでに打楽器・マリンバを金田温子、菅原淳、小島光の各氏に、室内楽を石内聡明氏に師事。現在、昭和音楽大学大学院音楽研究科音楽芸術表現専攻2年次に特待生として在籍。
曲山妃奈乃(打楽器)
福島県出身。9歳より打楽器を始める。現在昭和音楽大学にてソロ、室内楽、吹奏楽、管弦楽と幅広く学びながら、ジャンルレスな打楽器奏者を目指してアウトリーチ活動やライブ活動を行なっている。打楽器を石内聡明、西久保友広、菅原淳各氏に師事。室内楽を石内聡明氏に師事。
昭和音楽大学アートマネジメントコース
HP:http://artsmanagement.tosei-showa-music.ac.jp
facebook:https://www.Facebook.com/showa.atm
Twitter:@showa_atm
Instagram:@showa_atm
  • 西久保友広 イメージ西久保友広
    (マリンバ)
  • 福本信太郎 イメージ福本信太郎
    (アルト・サクソフォーン)
  • 外囿祥一郎 イメージ外囿祥一郎
    (ユーフォニアム)
  • 星出朱音 イメージ星出朱音
    (打楽器)
  • 中野志保 イメージ中野志保
    (打楽器)
  • 曲山妃奈乃 イメージ曲山妃奈乃
    (打楽器)